イベントコンパニオンを初めてやってみた

初仕事は家電発売のイベント

イベントコンパニオン | イベントコンパニオンはどんな人におすすめ?

愛想の良さでコンパニオンに合格 / 初仕事は家電発売のイベント / 定期的にまたやってみたいと思った

もちろん普通の会社の面接などでは、笑顔が大事だとは言えそれだけで合格するわけではありません。
それよりももっと重要なことがあるからです。
例えば事務員を雇う場合、笑顔だけで仕事ができるわけではないため、基本的にそれ以外の能力も必要とされるでしょう。
しかしイベントコンパニオンの場合は、笑顔はとても大事な武器だと言うわけです。
冷静に考えれば、コンパニオンなのに非常に無愛想な人ばかりならば誰もそのイベントに良いイメージを持たないでしょう。
そのような意味においては、自分自身の笑顔はその場において大きな武器だったといえます。
短期的なイベントですが、いったいどのような内容かはよく聞いていませんでした。
一応面接の時に聞いたところ、家電の発売に関するイベントだったようです。
イベントの当日は、会場が少し遠かったため早めに出発しました。
時間帯は10時スタートだったわけですが、朝6時に起きて、いつも乗らない電車に乗り現地に30分前には到着しました。
様々な説明を受けましたが、決して難しい内容ではなかったといえます。
そして、コンパニオンが行う仕事はお客さんにアンケートに答えてもらう仕事でした。